簡単すぎて止められない

妊娠をしてからかなり太ってしまいました。妊娠前から割と太めな体型だったのですが、妊娠中にかなりの食べづわりで毎日食べまくっていた結果、妊娠前よりも15キロ近く太ってしまっていたのです。出産後だいたいの人は授乳で自然に痩せていきますが、私は全く痩せることができず、結局10キロ近く太ったままで産後を過ごすことになりました。

 

子どもが1歳を過ぎたころ、子どもと一緒に公園や地元の児童館に行く機会が増えて他のお母さんとの交流も増えました。そこで他のお母さんがみんなとても痩せてて、スタイルもとても良いことを思い知ることになるのです。産後はみんなこんなものだろう、と思っていたので本当にショックでした、そこでプチファスティングダイエットを行うことにしたのです。

 

ダイエットを行う上で絶対に心掛けていることがあります。それは「健康的に痩せる」ということです。私はこれまで何度もダイエットをしたことがあります。食べないダイエットをしたこともありますし、1食置き換えダイエットも経験しました。しかし食べないダイエットはどうしても風邪をひきやすくなったりして体に不調が出てきます。そこで体のことと食生活のことを調べまくって、あるダイエット方法にたどり着きました。

 

それはプチファスティングです。

 

ファスティングとは断食のことですが、私の独自のダイエットは断食とまではいきません。断食というよりも、胃腸を休ませてあげるといった方がしっくりくるかもしれません。胃腸は実は食べ物を完全に消化するまでに半日以上の時間が必要です。つまり、一日3食食べていると大抵の場合は胃腸をフル活用している状態であると言えるのです。365日24時間フル活動している胃腸をしっかり休ませるということは、胃腸を元気にさせることにつながります。胃腸を元気にさせると健康にもとても良いですし、なにより運動や食事制限などをしなくても簡単に痩せることができます。

 

私も半日以上食べ物を食べないという方法で、みるみる体重が落ちていき、最終的にこの方法で7キロ近く自然に痩せてしまいました。私がやっている方法は子どもの食事に合わせて夜は6時までに夕飯を済ませ、翌朝の8時の朝ご飯まで何も食べない方法です。これにプラスして胃腸のサプリを一緒に摂っていますが、お通じも毎日きちんとあります。夕方6時以降は食べないということを友人に話すと驚かれますが、とても健康的な食生活なのでおすすめです。