8時間ダイエット

毎日お肉やファーストフードを食べてダイエット成功!
これまでダイエットではいかに健康的な食事をするか、サプリを飲んで運動するかをダイエット項目として入れて実践してきました。
でもそれで一旦は痩せても、結局ダイエットのストレスから開放されるとまた肉やファーストフードが食べたくなってしまいます。
しかもそれら食べ始めるとこれまでの分を取り返そうと数日間止まらなくなってしまい、リバウンドしてしまうという繰り返しでした。

 

その時に出会ったのが「8時間ダイエットでした」。
このダイエット法は以下のような方法で行います。

 

・食事は朝食から夕食までを8時間のうちに食べ、夕食は夜20時までに終わらせる
 10時に朝食をとるなら18時までに夕食を終わらせるという感じ
・この間は好きなものを食べても良い。種類の制限は一切なし
 肉もファーストフードもお菓子もなんでもOK。朝食、昼食、夕食いつでもこれらの食べ物を摂ってもOK
 炭水化物、たんぱく質、脂質、これらのバランスは考えなくてよい
・時間外にはカロリーのある水分は飲まないこと
 (ブラックコーヒーやゼロカロリー飲料はOK。カフェオレはダメなど)
・ただし、摂取カロリーは成人摂取カロリーの範囲内におさめること
 20代成人で、男性2250kcal、女性1800kcal程度
・食事の中で以下の食べ物は積極的に摂取すると尚良し(カロリーに注意)
 乳製品、豆類、納豆などの醗酵食品、ナッツ類

 

この8時間ダイエットの理論はこうです。
人間の胃腸は日中は活動が高まり夜は弱まります。
20時という時間は実際には少し早めですが、より胃腸の活動を休めるために効果があります。
どちらかというと8時間内におさめるということよりも胃腸を休める時間を16時間とすること。
これにより「毎日プチ断食」の状態を作り出すことで胃腸の本来の力を取り戻すことが大事だということです。

 

私の場合、朝食10時〜夕食18時にしました。
スマホのカロリー記録のアプリを使い、カロリーの足し算だけはしました。
炭水化物、たんぱく質、脂質などは一切考えず、好きなものをカロリーの範囲内で食べます。
ただしこれは私のローカルルールですが、18時〜翌朝10時までの間、ヨーグルトだけは21時頃に食べました。
さすがに水分だけではストレスが溜まる時がありますし、ヨーグルトは夜に食べて眠ると胃腸に良いということを見たからです。 乳酸菌やビフィズス菌サプリメントで乳酸菌摂取するのも良いようです。

 

私がやってみて感じたのは、多めのお肉を毎日食べても16時間何も摂らない状態を作れば、朝には胸がムカつくこともなく、便通も良いということです。
ただし気をつけないといけないのは1日の摂取カロリーは守ること。
多少のオーバーは仕方ありませんが、昼と夜に肉やファーストフードを食べるとか、摂取カロリーオーバーが数日続くといくら何でも体重は増えます。
カロリー内であれば、肉を毎日食べ続けても体重が増加することはありませんでした。

 

私はこれで3ヶ月で3kg、半年で6kg、1年で11kgの減量に成功しました。
途中いろいろ改良して、半年を過ぎたあたりで、8時間では無く10時間にし、10時から20時までにしました。
やはり残業などで遅くなることはありましたし、これは生活の上で仕方ないかなと。

 

このダイエットで一番楽なのは、食べる物の種類に制限が無いことです。
私はこれまでどうしてもファーストフードを止められませんでした。
ダイエットを止めた途端に我慢していた分のファーストフードをたんまり食べて、またリバウンドするという繰り返しでした。

 

8時間ダイエットは、ファーストフードなど好きなものをいつでも食べられるという安心感から、いままでのように食べたい食べたいと思わなくなりました。
こういう改善効果が良い方に回っていくので、長く続けられているのだと思います。

「朝だけ」お腹一杯に食べて後はお茶だけの生活

自分のおかしな食生活として、「朝だけ」たくさん食べるというものがあります。普通なら、朝たくさん食べてお昼は少なく、夜はほとんど食べない又は食べないというのが、世間のダイエット?方法になるのだと思います。
しかし私の場合、そういう事ではなくて本当に「朝だけ」しか食べないのです。後は全く何も食べずに、お茶を飲む程度です。
そもそもの発端はダイエットなのですが、初期こそ最初に書いた朝食べて昼は少なく夜は食べないという生活を送っていたのですが、実際それを続けていても今ひとつ効果が出なかったのです。
色々試してみて、結局行き着いた先が今の方法となります。朝だけ自分の好きなものを好きなだけ食べて、その後は「食物」を一切摂らないのです。ただし、健康面に配慮して特定のサプリだけは飲むようにしています。
効果は覿面です。現在二ヶ月目ですが、一ヶ月に2〜3kgのダイエットに成功し、今もこの方法を継続しており結果は上々。しかも体重の維持、管理も出来ており本当の意味での成功を収めたと思っています。
ここで気になるのが、1日1食という過酷なダイエットに伴う弊害・・・要するに、食生活的に余計に太らなかったのか、「健康状態」に問題は無かったのかという部分ですが、結論から言えば「弊害はありません」。
まず、1日における1食に欲を集中してしまうと、絶対に太ってしまうというのが定説ですが、これは誤りです。何故なら、成人女性の1日に必要なカロリーを下回れば、物理的に太るという現象は起こらないからです。
それは私が立証しています。「朝だけ」好きなものを好きなだけ食べたところで、正直なところ成人女性の1日に必要なカロリーに至る事はほとんどありません。そして、その後何も食べなければどうでしょう?絶対に太りません。
次に健康状態ですが、これも特に支障があったように感じられません。おそらくではありますが、1食に集中しているとは言え栄養の摂取は行われていますので、特に問題は起きないのでしょう。
勿論、メニューにある程度の配慮はしていました。野菜を多めに、たんぱく質は少な目にして、バランスを重要視した上で好きなものを食べるのです。さらに、野菜から食べるようにしてある程度の満腹感を事前に与えておけば、なおダイエットの効果は上がると思います。
職場の同僚に話したら、かなり引いてたように感じましたが、何せ抜群の効果ですのでもうしばらくこの方法を続けようと思っています。 話題のオルニチンの効果も気になっています。

更新履歴